確定拠出年金のデメリット

ここでは『確定拠出年金』のデメリットについて説明していきます。

デメリットがほとんどない『確定拠出年金』ですが、唯一のデメリットが「(原則)60歳になるまで引き出す事が出来ない」という事です。

でもそうは言っても、緊急事態の場合なら引き出せるんじゃないの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

僕も最初は、「自分のお金なんだから、緊急事態が起こった時は出せるでしょ。」と簡単に考えておりました。

しかし調べてみると、例外的に途中で引き出せる要件は2つしかなく、ひとつ目は「加入者が高度障害状態になった場合」、ふたつ目は「加入者が死亡した場合」です。

お分かりになるかと思いますが、大変厳しい条件で、「お金が足りないからちょっと引き出そう」なんていう甘い考えは全然通じなさそうです。

ですので、予め60歳まで出さないお金として、掛金を拠出しないといけないので、本当に余裕のある資金でやる必要がありそうですね。

ご自身のライフプランをたてたうえで、老後にどれくらい必要で、毎月どれくらい積み立てていけば十分と言える掛金になるか、この機会に計算してみて下さい。(分からないければ、お問い合わせの窓口にご質問頂ければお答え致しますので、お気軽にどうぞ。)

それだと、せっかく節税出来るのに大きく拠出出来なくて、なんだかもったいないなぁと思われる方には、節税の出来る、別の積み立て方法もあります。

それが、トップページのメニューにもあった、「NISA口座で積み立て投信をしよう!」というお話になります。

NISA口座??積み立て投信??

あまり聞きなれない言葉かと思いますが、分かりやすく説明を載せております。

ご興味のある方は是非「NISA口座で積み立て投信をしよう!」をクリックして下さい。

確定拠出年金』のメリット・デメリットについては以上で説明を終えさせて頂きます。

少しでも興味のある方はまずは資料請求をしてみて下さいね。

ここでは、僕も実際に利用している、「SBI証券の確定拠出年金」のリンクを貼っておきますので参考にして下さい(手数料が安く、分かりやすいです。もちろん、「個人型確定拠出年金」を選んで下さいね)。

これを機に、少し老後の事も考えて頂ければ幸いで御座います。

最後まで読んで頂き、有難う御座いました。