2017/03/24

「籠池さんで話題の証人喚問について」

 

久しぶりの更新です。体調不良によりかなり休んでおりました。

ところで、最近話題の絶えない森友学園の問題について。昨日当事者である、籠池さんが国会に呼ばれ、与野党から色々追及を受けておりました。

私も、「証人喚問」をされるという事になったあたりから、当日を楽しみにしておりました。

全体の印象としては、与党は安倍首相の潔白を証明したい、野党は安倍首相を追い込みたい。そんな印象でした。

さて今回、籠池さんは「証人喚問」という事で国会に呼ばれました。例の「寄付金を貰った」発言が出る前までは、「参考人招致」くらいだったと思いますが、自民党としても放っておけなくなったのでしょう。

では、「証人喚問」と「参考人招致」では、何が違うのでしょうか??

簡単に言うと、「証人喚問」は「過去の出来事を立証」するためで、「参考人招致」は「未来の事を決定」するために行われます。

さらに、「証人喚問」では、万が一嘘をついてしまうと「偽証罪」に問われます。過去には「鈴木宗男さん」が嘘をつき、「偽証罪」に問われました。

今回、「証人喚問」という事で呼ばれた籠池さん。国会の答弁の中でも、「偽証罪に問われる事を理解したうえで発言している」と話をしておりました。

そして、問題になっている「寄付金」についても、この「証人喚問」の場でも発言がありました。「昭恵夫人から100万円受け取りました」と発言しておりました。

私が聞きたかったのはまさにこの部分です。「偽証罪」に問われる以上、嘘は言えない状況で、それを把握しているうえで、「寄付金」について言及しました。

昭恵夫人はすぐさまフェイスブックで反論をしているみたいですね。ただ、「証人喚問」の場で発言があったという事で、昭恵夫人の「証人喚問」も免れないのではないでしょうか。

どちらが本当の事を言っているのかは分かりませんが、どちらももう後に引けない状況です。

「寄付金」が嘘であれば「偽証罪」だし、嘘じゃなければ経済にとっても相当不味いですよね。

こんな事であまり時間は使わないで欲しいと思いますので、早期に事実の解明をして欲しいと思います。今後も注視していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA