2017/01/30

「米国入国拒否200人 大混乱 イラン、対抗措置を検討」(日経新聞1面)

 

トランプ大統領が27日に署名した、「テロ懸念国」の入国制限による混乱が広がっているとの事。

これは一体どういう基準で入国の制限をかけているんでしょうか??

もし「テロ懸念国」の国民だから、という理由で拒否されているのであれば非常に問題だと思います。

しかし、実際世界各国でテロが起こっているのも事実です。

もし自分の家族がテロにより被害を受けた場合、今回の入国拒否について、「賛成」をするのか「反対」をするのか、難しいところだなと思いました。

どんな理由で入国したいのか、何か必要なものがあるならネットでは頼めないのか等考えましたが、やはり難しいですね。

「テロ」をする人間が事前に分かれば簡単ですが、そうもいきませんからね。

今後の展開に注目したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA