2017/01/15

「豊洲地下水 追加調査へ ベンゼン、基準の79倍 移転遅れる公算」(日経新聞 1面)

 

豊洲の地下水で、国の定める基準値を大幅に超える有害物質が確認されたという。

今回で調査は9回目になるが、初めて大幅に基準値を超えたとの事。

8回目でもわずかに基準値超えが確認されており、7回目までは一度も超えていなかったという。

9回目で急に大幅に超えるというのは、関係者も想定外という話し。

それにしても、本来であれば2016年11月には市場を移転しようとしていたのだから本当に危なかった。

小池知事の移転延期の判断は正しかったと言える。

今後は、追加調査を行い、3月には結果を公表するとの事。

でも仮に3月に追加調査の結果が出て、今度は一転「何もありませんでした」と言われても、市場関係者は、「それなら大丈夫ですね」なんていう事になるのだろうか?

体に害のある可能性があるものを、7回目まで大丈夫だつたけど、9回目で大幅に悪かったなんて言われたら、そもそも何を信用したら良いのか分からない。

10回目が大丈夫でも、11回目は大丈夫なのだろうか?と勘ぐってしまう。

こんな事言い出したらキリがないのは分かっているが、公表された以上やはりそう思うのは仕方ないのではないか。

そもそも築地については何も問題が無かったのだろうか??

そちらについても是非公表をして欲しい。

今回の件を受けて、国民がどう思うか、どうなるのを望むのか、そういった事までをしっかり考え抜いて頂き、小池知事には判断を下して欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA