2017/01/13

「リアル超越 スポーツ×VR 17年度開始、ソフトバンク担当者に聞く」(日経産業新聞 2面)

ソフトバンクが、米国の「ネクスト」という会社に出資し、「スポーツ×VR」を本格的に展開していこうとしています。

ソフトバンクは本当に凄いですね。

さて、この「スポーツ×VR」にはどのようなメリットがあるのでしょうか??

記事を読んでいると、非常にわくわくする上、多少お金を出してでも利用する価値がありそうに思います。

例えば、「スタジアムに行かなくても、臨場感を味わえる」や「通常スタジアムでは見られない角度からそのシーンを見られる」等、「リアルを超えられる」体験が出来るとの事。

確かに、スタジアムに行っても全然見えない事もあるし、音楽ライブなんかは大型モニターを見ることがほとんどな気がします。

それが誰でも目の前で、好きなスポーツやアーティストが見られる事になるなんていうのは、本当に夢のような話です。

しかし、それを夢ではなく、実現しようとしているのがソフトバンク。

今はまだ、「HMD(ヘッドマウントディスプレー)」の普及が少ないのが問題との事ですが、本当に実現されたら、間違いなく爆発的に普及します。

ソフトバンクやHMD関連の株をチェックしておくのは良いかもしれませんね。

株も良いですけど、早く実現して好きなスポーツが見れるようになる事を今から期待して待ちたいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA