IFAって一体なに??

ここではIFAという職業について分かりやすく説明しております。

IFAと聞いてもなかなか聞きなれない言葉だと思いますが、「証券マン+フィナンシャル・プランナー(FP)」と言えばなんとなくピンとくるのではないでしょうか。

正式名称はIFA=Independent Financial Advisor(独立系フィナンシャル・アドバイザー)と言います。

 

では、一体何をしているの?と思われる方も多いかと思いますが、一言で言えば「資産運用のアドバイスを行う専門家」です。

そうなると証券会社や銀行とは何が違うの?という話になりますね。

 

実は、全然違うんです!

 

従来の証券会社や銀行は、金融商品を販売して手数料を得るビジネスモデルのため、どうしてもお客様と利害が相反する側面がありました。

それぞれの営業マンは、会社のために業績を上げなくてはなりませんので、お客様のライフプランに合っているかどうかに関わらず、会社の決められた商品を販売することに重点が置かれます。

金融機関にとっては販売手数料がおもな利益であるため、お客様一人ひとりに合った提案が出来ず、十分な資産形成は達成出来ません。

 

 

一方、我々IFAはあくまで独立・中立的な立場から資産運用のアドバイスを行っております。

もう少し具体的に言えば、お客様それぞれのお金に対する悩みや疑問を解決し、お客様の利益を第一に考え、生涯お客様に寄り添いアドバイスを行っていきます。

資産運用だけでなく、相続や事業承継対策、将来の年金作りのアドバイスも行っておりますので、お客様にとってIFAというのは「資産管理のホームドクター」と言える存在になっております。

当然、特定の金融機関に属していないため、営業ノルマはありません。

IFAはお客様の資産を増やす事が自身の利益に繋がるため、お客様とはWIN-WINの関係を築く事が出来るのです。

さらに、IFAには転勤もありません。金融機関で取引をしていると必ず営業担当者に人事異動や転勤があり、すぐに担当者が変わってしまうという事があります。

そうなると長期での資産形成が難しかったり、何度もお客様自身の考えを話さなくてはならなかったり、営業担当者ごとに提案してくる商品が変わったりします。

IFAには転勤が無く、お客様と一生涯のお付き合いをさせて頂きますので、そのような煩わしさも一切ありません。

 

 

もし現在取引のある金融機関に、「あまり満足していない!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度IFAの話を聞いてみてはいかかでしょうか。

これまでとは違うサービスや話を受ける事が出来ると思いますよ。

 

ちなみに、IFA業界の最大手は、私も所属している、『アイ・パートナーズ フィナンシャル』という会社になります。

他にもIFA業者はありますので、ご自身で色々調べてみても良いかもしれませんね。