拠出時のメリット

ここでは「拠出時のメリット」について、説明をしていきたいと思います。

拠出時のメリット」でも当然『減税』を受ける事が出来るため、「税金を減らす」事が出来るようになります。

具体的に説明をすると、「確定申告」の際、その『拠出』した資金を全額「所得控除」に計上出来るため(項目は「小規模企業共済等掛金控除」)、支払うべき税金を減らす事が出来るようになるんです。

確定申告」とは1年間、つまり1月1日から12月31日までの間に所得のあった人が、所得税と復興特別所得税の額を「申告納税」する、また納め過ぎた所得税と復興特別所得税の「還付申告」をする手続きのことです。(給与所得は、前の年分の所得からその年分の所得を予想して、それに基づいて算出した税額を事業所が給与から代行徴収・納付し、年末調整で本来納めるべき税額との精算を行っています。そのため、サラリーマンなどの給与所得者は、原則的には確定申告をしなくてもよいのです。)

所得控除」って何?と思われる方は、「基礎控除」や「配偶者控除」なら、耳にしたこと事があるのではないでしょうか。

ここでは「所得控除」が増えれば結果的に「納税額を減らせる」という事だけ覚えて頂ければ大丈夫です。

ちょっと難しくなりますが、もう少し分かりやすくするために簡単に所得税の計算方法を載せました。

↓↓↓一般的な所得税の計算方法↓↓↓(覚える必要は全くありません!!税金がどのように計算されているか載せているだけなので、なんとなく見て頂ければ大丈夫です。)

①総収入-②給与所得控除(自営業者であれば必要経費)=③総所得」

「③総所得-④所得控除(基礎控除や配偶者控除等)=⑤課税所得」

「⑤課税所得×⑥税率=⑦所得税

という感じです。

拠出』した金額分の「④所得控除」の額が増えれば、「⑤課税所得」が減り、「⑤課税所得」が減れば「⑦所得税」が減るという事になるのです。

ちょっとまだよく分かりません!!!という方のために、分かりやすいように具体的な数字を入れてみました。

平成26年度の会社員の平均年収が「415万円(統計元:平成26年 国税庁 民間給与実態統計調査結果)」との事なので「①総収入」に「415万円」を入れてみます。

「②給与所得控除」は「①総収入」が「415万円」の方の場合、「137万円」です(国税庁HP参照 415万円×20%+54万円)。

これを式に当てはめると、「①総収入415万円-②給与所得控除137万円=③総所得278万円」となります。

次に、「③総所得-④所得控除=⑤課税所得」を計算します。

④所得控除」については、一人ひとり金額が違いますので、ここでは分かりやすく「基礎控除の38万円」と「配偶者控除の38万円」を合わせた「合計76万円」だけを「④所得控除」とし、計算を行います。

これを式に当てはめると、「③総所得278万円-④所得控除76万円=⑤課税所得202万円」となります。

次は、「⑤課税所得-⑥税率=⑦所得税」です。

「⑤課税所得202万円」の方の場合、「⑦所得税」は「⑤課税所得202万円×⑥税率10%-97,500円=⑦所得税104,500円(国税庁HP参照)」となります。

数字を入れてみると、だいぶ分かりやすくなったのではないでしょうか。

ご自身の年収や所得控除の額が分かる方であれば、簡単に計算出来ますので一度やってみるのも良いかもしれませんね。

では次に、上の例と同じ条件の方が『確定拠出年金』に「月額2万円」を『拠出』していた場合の「⑦所得税」を計算してみましょう。

拠出額が「月額2万円」なので、1年間だと「24万円」になりますね。

確定申告」の際、その拠出した「24万円」は全額「④所得控除」に計上する事が出来るようになります。

上記計算では「④所得控除」を「76万円」としていましたから、ここに拠出額の「24万円」をプラスし、「④所得控除」を「100万円」とします。

これを上の式に当てはめると、「③総所得278万円-④所得控除100万円=⑤課税所得178万円」となります。

「⑤課税所得178万円」の方の場合、「⑦所得税」は「⑤課税所得178万円×⑥税率5%=89,000円(国税庁HP参照)」となりますので、先ほど計算した「所得税104,500円」より「15,500円も所得税が安くなる!」んです。

「年間24万円」の積み立てに対し、「15,500円お得!」な訳ですので、「約6.46%の利回り」を得ている事と同じ効果を得られます!!

しかも、この「24万円」は積み立てをしているので、運用内容にもよりますが、100%元本保証型で運用した場合、ただの預貯金と変わりません!

いかがでしょうか?将来の自分の年金作りをするだけで、こんなに効果の高い運用が出来るようになるのです!

もし「老後のために!」と貯金を続けていくのであれば、『確定拠出年金』に加入して納税額を減らしながら、貯めた方が確実に効率が良いんです

少し話は変わりますが、よく、「生命保険をやっいると控除が受けられる」というのを耳にするかと思います。

あちらも仕組みは同じで、「所得控除」の項目で、「生命保険控除」というものもあり、確かに納税額を減らす事は出来ます。

しかし、「生命保険控除」には、控除額に上限があるため、必ずしも「全額控除」になりません。

一般生命保険料・介護保険料・個人年金保険料」の合算で計算するのですが、「年間保険料2万円以下」であれば「全額控除」になりますが、それ以上だと「全額控除」なりません。

それに対し、『確定拠出年金』は必ず「全額控除」を受ける事が出来るため、税制面でのメリットは、非常に大きなものになっております!

自分ならどれくらいの利回りになるんだろう?と疑問に思われた方は是非お問い合わせ窓口へメールを下さい。

収入、家族構成、想定している拠出額を教えて頂ければメールにて返信させて頂きます!

では次に、『運用中』のメリットについて説明していきます。

  1. 『拠出時』のメリット
  2. 『運用中』のメリット
  3. 『給付時』のメリット
  4. 『確定拠出年金』のデメリット